足脱毛の痛み!他の部位と比較してどうなの?

一度でも自分で毛抜きを使って脱毛したことがあれば分かると思いますが、足というのは他の部位と比べると、毛抜きの処理ではかなり痛みが伴います。

足の皮膚というのは意外に薄く、特にすねは皮下脂肪が少ないので、毛抜きで処理をするとダメージも大きいです。

そのため色素沈着を起こしたり、赤いぶつぶつが出来てしまったりするなど、毛抜き処理によるトラブルも少なくありません。
ですので、足脱毛をしたいと思っていても、痛みに対しての不安があって出来ないという方も多いのではないでしょうか。

足脱毛の方法は、大きく分けると光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類になります。
この中で痛みが大きいのは、出力レベルが高いレーザー脱毛と医療針を使って行うニードル脱毛です。

レーザー脱毛とニードル脱毛は脱毛効果が高く、特にニードル脱毛は永久脱毛効果があるというメリットを持っています。
ただし施術時の痛みが強いので、脱毛が完了するまで施術を続けることができず、結局中途半端になってしまった、という方も少なくありません。
いくら効果が高くても、途中でやめてしまったら意味がないので、痛みに関して不安がある方は光脱毛にしましょう。

光脱毛の場合だと、痛みを感じるにしても輪ゴムでパチンと弾かれる程度ですし、毛量が少なくなるほどどんどん痛みも少なくなります。
最近は無痛脱毛というのを行っている脱毛サロンもあるので、他の部位と比較すると痛みを感じやすい足でも、痛みによるストレスもなく脱毛することができます

ムダ毛を薄くする食べ物:低インシュリン食品

女性が気にするムダ毛はあらゆる部位に達しており、わき毛や顔の毛、すね毛なども処理する人が増えています。
すね毛というと男性に生えるイメージがありますが、もちろん濃いすね毛に苦労している女性も少なくありません。

そもそも男性のような毛が生えてしまうのは、ホルモンが大きく関係しており、女性ホルモンの低下、すなわち男性ホルモンの増加が進むことによって起こるものなのです。

薄くする方法として、一般的には除毛をするというように考えがちですが、わざわざお金を掛けて除毛しなくても食生活を変えることによって出来る方法もあるのです。
例えば「低インシュリン食品」ですが、一般のあらゆる食品には、インシュリンという成分が含まれており、これは体内で血糖値を上昇させ、男性ホルモンを活性化させる力があります。

このようなものを食べ続けると、男性のような毛が生えてきてしまいますから、インシュリンを出来る限り抑えた食生活をする事が脱毛の近道なのです。
代表的な食品としては、玄米があります。

玄米は低インシュリン食品である上、必要な栄養素が豊富に含まれていますから、栄養不足になる心配もなく、美しく健康に脱毛を実現することが出来るのです。

ムダ毛を薄くする食べ物:大豆イソフラボン

女性のつるつるのお肌にあこがれる男性の影には、かなりの方が無駄毛に悩んでいるというのも事実です。

特に最近は社会進出など、不規則な生活やストレスに悩まされています。そのような生活環境は男性ホルモンの分泌が増えてしまい、すね毛が濃くなってしまうなどの変化が体にあらわれてくるのです。

そこでよく話題になる無駄毛を薄くする方法が、大豆イソフラボンを摂取するという方法です。大豆イソフラボンに含まれる成分が女性ホルモンと似た作用をするため、納豆などの大豆製品を摂取することで少なくなった女性ホルモンの働きを補ってもらおうということです。すね毛を薄くすることや美肌効果意外にも、骨粗しょう症の予防や更年期障害の予防などにも役立つと考えられています。

しかし、最近の研究で、大豆イソフラボンを摂取しても効果が出る人は日本人の2人に1人の割合であることが分かってきました。

このことは、腸内で摂取したイソフラボンをエクオールという物質に変化できる腸内細菌がいるかどうかの違いによるものです。こ

の腸内細菌がいるかどうかをチェックできるキットが販売されています(http://www.hc-sys.com/#!soychk/c4yj)気になる方はチェックしてみるのもいいかもしれません。

毛深くなる食生活に注意。食べ物で毛深くなんてなるの?

男性ならばまだしも、女性で対応が濃いというのは、深刻な悩みの一つですよね。すね毛や腕毛などの体毛は、遺伝的な要素によって濃くなったり薄くなったりしますが、食生活の影響でも同様の現象があるのはご存知でしょうか。逆に言うと、食生活を改善することによって体毛を薄くする方法もあるのです。

過酸化脂肪という物質があります。肉などを食べすぎると、体内で活性酸素が活発化してこの物質が生まれます。過酸化脂肪は、いわゆる悪玉コレステロールのことですが、これが体内に蓄積されると毒素として認識されて、便や尿、そして毛穴から排出されます。この際に毛穴が余分に開くことが、より毛深くなる原因とされています。

なるほど、肉食が中心の欧米人などは、日本人より毛深いですよね。毛穴から排出されるこの物質が原因で、日本人よりも体臭がきついとも言われます。

過酸化脂肪は、油や塩分を採りすぎても体内で作られることが判明しています。よって、すね毛などの体毛が濃い人は、肉、油、塩分を極力減らす食生活に切り替えましょう。同時に、活性酸素の働きを抑える働きを持つ食材、トマトやニンジンなどの抗酸化作用のある食材を、普段の食卓に豊富に採り入れましょう。

すね毛を薄くする抑毛ローション

女の人でムダ毛が気にならない人はいないと思います。特にすね毛は腕の毛より濃い方も多いと思います。

ムダ毛の処理で一般的なのが、カミソリでそることです。

カミソリでそってもすぐに太い毛が、プツプツと生えてきて、またすぐにカミソリでそるという繰り返しになってしまいます。
それからカミソリでそると肌へのダメージが多くなり、カサカサ乾燥したり、ヒリヒリしたり肌トラブルの原因になります。

他のムダ毛の処理だと、脱毛テープは痛いですし、脱毛クリームはクリームを塗ってから時間を置かなくてはいけないですし、エステに行って脱毛するにもお金がかかります。

そこで抑毛ローションを使ってすね毛を薄くする方法があります。

抑毛ローションは効果に個人差があって、即効性はないのですが、保湿成分が入ったものもあるので、普段の肌のお手入れのひとつにして使っていくと良いのではないでしょうか。

普段のお手入れなら、お風呂上りにボディークリームやローションを塗るようにして使えば、手間になることはありません。
すね毛もだんだん薄くなり、肌もきれいに潤ってくる、一石二鳥を目指して使い続けると良いです。
すね毛の無いスベスベのお肌を目指して、抑毛ローションを使ってみましょう。

すね毛を薄くする効果はない除毛クリーム

すね毛が濃い人は女性の中にも一定の割合でいます。

しかも、本当に濃い方は、男性と同じくらいの濃さの場合もあります。そのような場合には、送球に対処したほうが結果がよくなりますから、すね毛を薄くすることができる薬品を使用するのがよいでしょう。

すね毛を薄くする方法としては、脱毛サロンなどに行く方法などがありますが、それ以外にも安価な方法は多くあります。ですから、コストパフォーマンスを考えるならば、除毛クリームなどを使用することで、簡単に薄くすることができます。

しかし、安価な薬品を使用している場合には、永久的に脱毛するということは期待できません。ですから、定期的なケアが必要になってくるのです。しかも、薄くしたとしても、その後の毛は耐性がついてくるので、定期的なケアがなかった場合には、以前よりも毛が濃くなってしまう可能性もあります。

ですから、除毛クリームを使用する場合には、少なくとも1ヶ月に1回は使用したほうがよいでしょう。しかし、本当に根本を解決したいのであれば、そのときにはエステサロンなどに通ったほうがよいでしょう。しかし、そのような手間が面倒であれば、除毛クリームなどを駆使していきながら、がんばっていけば全く問題はありません。

すね毛をつるつるにできる医療レーザー脱毛

ツルツルの脚は女性の魅力をさらに引き立てますよね。
そんな脚に、すね毛が残っていたら、とてもマイナスポイントになってしまいます。
すね毛というのは目立つ部分でもありますから、しっかりと処理をすることをおすすめします。

自宅で自己処理をしているという方も多いのではないでしょうか。
毎日の処理は手間に感じることもありますよね。また、自己流の脱毛は、埋もれ毛や毛穴のポツポツの原因になりがちです。しっかりとした脱毛を望むなら、プロの技術を体感してみるのもよいですね。

おすすめなのが医療脱毛です。
医師監修のもとで研修を終えた、専門のスタッフのみが施術に当たってくれますよ。
効果的に作用するので、元々毛深い体質で、毛を薄くする方法を知りたいといった方でも満足できるはずです。
痛みなどはほとんどなく、トラブルが少ないのも魅力ですね。
万が一のことがあっても、専門知識をもったスタッフが迅速に対処してくれます。

専門サロンかクリニックかを迷っているというかたは、まずはカウンセリングなどを利用して、細かな疑問を解消しましょう。安心して施術に臨めば、予想以上の効果を実感できるはずです。さっそく相談にいってみて、ツルツルの脚を手に入れましょう。

すね毛を薄くする方法で確実なのはサロン脱毛

ムダ毛は女性にとって、おしゃれを楽しむ上での大敵です。特にすね毛は目立つので毛深い人は悩むことでしょう。そんなすね毛を薄くする方法として、サロンでの脱毛が挙げられます。

自分でカミソリやシェーバーを使って処理するとお肌を傷つけてしまう可能性がありますが、サロンでの施術なら安心かつ安全な上、ムダ毛を薄くするだけでなく美肌効果も得られて一石二鳥です。

ただし、脱毛効果を実感できるようになるまでには何度かサロンに通う必要があります。個人差はありますが、だいたい4回から6回程度通えば多くの人が効果を実感し始めることができるでしょう。12回程度通うとかなり毛が薄くなり16回程度通えば非常に自己処理が楽になることが一般的です。

20回程度通うとほとんど自己処理のいらないお肌になるでしょう。

きれいなお肌は一生ものの財産となります。どうせなら早くから脱毛に取り組むのが良いでしょう。自己処理が必要なくなることでお肌にとって優しいだけでなく、急な海や温泉へのお誘いにも慌てることなく対応できるようになります。

すね毛が気にならなくなれば、ひざ丈のスカートやショートパンツなど様々なバリエーションの洋服を着ることができるので、とてもおしゃれを楽しむことができるようになるでしょう。

すね毛をカミソリで剃るとジョリジョリに

女性の脱毛の悩みは尽きませんが、すね毛やわき毛など目立つ部分のムダ毛処理はこまめに行わないとすぐに目立ってきて大変気になるものです。

脱毛の方法は人それぞれ違い、エステサロンやクリニックに通って脱毛する人もいれば、自宅でカミソリや毛抜きを使ってムダ毛処理をする人がいます。

しかしカミソリなどですね毛を剃ると、肌への刺激が強すぎて剃ったあとが赤くただれたり、ヒリヒリしたりとお肌のトラブルの原因になりますし、すね毛が薄くなるどころか濃くなってしまう傾向にあります。

ではすね毛を薄くする方法とは一体どのようなものなのでしょうか。

やはりエステサロンやクリニックなどに通って脱毛をすれば、光脱毛やレーザー脱毛といった専門の機械を使用して処理を行いますので回数を重ねるごとに毛が薄くなって、最終ほとんど毛が生えてこないといった状態になります。

しかし、エステサロンなどに通うのに抵抗があるという方は、自宅でも行える除毛クリームや、低刺激の脱毛機器を使用してのムダ毛処理をおすすめします。
どちらの場合もエステサロンなどで行う脱毛よりかは効果は落ちますが、確実にムダ毛は薄くなっていきますし、費用も抑えられますので試してみるとよいでしょう。

すね毛を毛抜きで抜くと薄くなるの?

すね毛を毛抜きで抜いていると、少しずつ毛質が細くなったり目立たなくなることがあります。

毛根にある毛乳頭の組織に何らかのダメージが与えられたことが原因ですが、ムダ毛を薄くする要因には他にもあります。たとえば、女性ホルモンの分泌量が増えると体毛は薄くなります。すね毛も例外ではなく、太くて濃いムダ毛も細くて柔らかい状態に変わります。

女性ホルモンは常に一定というわけではありませんので、体毛もそれに応じて変化すると考えるのが妥当です。

ホルモンの分泌量に関係なく、強制的にすね毛を薄くする方法もあります。それは、毛抜きでムダ毛を綺麗に取り除いた後に発毛抑制ローションをぬりこむことです。このようなローションは毛穴にムダ毛がない状態で使用した方が浸透率が高まりますので、効果もアップします。

最も理想的な使用法は、お風呂上がりのきちんと脱毛されている肌に、しっかりとぬりこむことです。毛穴が開いている時に使用することで、奥深くまでしみ込ませることができます。

すね毛は太くて色素の濃い状態ではとても目立ちます。脱毛するだけでなく、少しでも本数を少なくしたり目立たなくするように、通常の脱毛法と発毛抑制ローションを組み合わせるべきです。